2019/01/16

Logger32とWSJT-XやJTDXの同居

Logger32とWSJT-XやJTDXを同時運用すると、comポートが競合して上手く行かないのですが、最新版のLogger32だと、UDP(ウインドウの下の枠に表示有り)をオンにして、新しく出てきたバンドマップのメニューのStartをクリックしてJTDX(またはWSJT-X)を選ぶと、一旦Logger32からcomポートが離れてJTDXに移るので、競合の問題が回避できました。
(JTDXの設定でPTTはCATを選択。)

この状態でJTDXをロギングするとデータはLogger32に入ります。

あちこち検索して解決。詳しくはそちらを。

2019/01/14

アンテナ切替機の修理

どうも5バンドダイポールアンテナのVSWRがおかしいようなのでアナライザーで測ってみたらこれといったディップ点がない。
バランやコイルが燃えるようなパワーは入れていないが、、、と切り分け作業。
切替機までの同軸ケーブルと踏んで見るも異常は無い。
やっぱりアンテナか?と切替機から先で測ってもやっぱり異常は無い。
えっ?切替機か?
テスターであたると芯線側は問題ないが、外皮側が繋がってない!
どうやら外皮側が断線状態の様なので思い切ってバラすと、ハンダクラックで断線していた。
修理後は快調。

2019/01/12

掛け時計の修理

洗面所の掛け時計が壊れてCRC5-56ぶっかけても駄目でしたので防滴のヤツ(900円)を買って来た。
さて、壊れた方をバラしてみたら電池の端子と時計の基板の接触部分に電蝕が。
ササッと磨いて修理完了。
もったいないことをした。
結局、買ってきた方はお便所送りとなった。

2019/01/03

5750Cプリンター設定とWordのページ設定

Wordの印刷時にプリンターのプロパティで給紙トレイを設定しても「手差しトレイに紙をさせ!」とか言ってくる。或いは、指定してないはずのトレイから給紙されてしまう。
そんなときは
ページレイアウトのページ設定から「用紙」タブを開き、正しい給紙トレイを設定すること。
(タイトルの5750Cに限らず、どのプリンターでも)

2018/12/29

JA6YKK Wires-xノード周波数変更と再開

Wires-Xノード局JA6YKKは、ながらく430.74で運用していましたが、混信が激しくなり、暫くお休みしていました。
暫くワッチを続けた結果、最も混信が無いと思われる430.90MHzで再開することになりました。
なお、平日昼間は基本的に停波していますので御理解ください。

2018/12/23

Century OS活かしてSSD de 高速化

 Century「OS活かしてSSD de 高速化」(インターフェイスカード+SSD)を入れてみた。
 起動ディスクのHDDが2TBあるので、そのままコピーできるようなSSDは手が出ないということでこれを選んでみたわけ。
 結果として、PCの起動にかかる時間が「劇的に」というほどではないが、結構スムーズになった。
 また、起動後もいつまでもHDDがカラカラと言ってなんだか操作を受け付けるのが緩慢だったのがかなり解消したように感じる。
 もう少し使ってみないとわからんかな?

 Windows10で使用する場合、付属のCDではなく、Centuryのホームページから「HybriDiskⅡ」をインストールする必要がある。
 「HybriDiskⅡ」の使用言語が英語と中国語しかないのが残念だけど、PC用語なので英語にしておけば支障なしでしょう。