2008/07/05

Astro keyerというメモリーキーヤー


 A.D.S keyerとも呼ばれていたようです。
機能的にはCQ付録基板のOIkeyと似たような感じのキーヤーで、もう10年以上前のものですが、ワンチップ構成です。

 FCCのCWの試験モードがあり、うちの奥方はこれで勉強して無事合格しました。(それまで無線の経験なし)

 当時のExtra級は20WPM(100文字/分)のCWの受信の試験が有っていました。13wpm(65文字)はすぐに何とかなったのですが、20wpmには相当苦労していたようです。
 そういえば私が2アマを受験した昭和の頃は欧文電信45文字の送受信の実技試験(電気通信術)があり、学科も記述式でした。28MHz中心の運用で2アマで十分(当時28は最大50W)だったのですが、28でもハイパワーが解禁になり、1アマを取っておくべきと受験したのは平成になってからでした。
 電気通信術の試験は欧文60文字、和文50文字(だったかな)で、送信はなく受信だけになっていました。和文の受信が済んですぐに欧文があり、練習?のA,B,C、、、、で、手が勝手にイ、ハ、二、、、となりそうで「切替」に戸惑いました。(何とか◎)今では和文はないようですね。
(えっ、この人1アマじゃなかったの?っていう顔ぶれに”たくさん”出会い、その後数名の方から「合格した」と、電話を貰いました。「いやぁーてっきり1アマと思ってました、、、、、」てな会話が(ハハハ))

5 件のコメント:

IGP さんのコメント...

あなたは、もしかしてGメン81でつか? 1段GP

IQ1 さんのコメント...

よく見つけましたね。
自己紹介のところに素顔をさらしていますのでばれたかな。
普段は普通の人間の顔に変装しているので、皆気づきません。

匿名 さんのコメント...

私もこのキーヤーを現役で使っています。
って、2年ぶりに動作させようとしたら、ウンともスンとも言わず・・・、電池が腐食していてケースのバネがさびていました。
さぁ!と思ったらコマンドの入れ方を忘れて・・・裏面にアンチョコを書いて張っておいたのですが、今となっては何のことやら?
でも悪戦苦闘して思い出し、無事本日からメモリーキーヤーとして復活できました。

TRK

IQ1 さんのコメント...

コメントありがとうございます。
Astro keyerの取扱説明書のコピーのFAXのコピーのさらにスキャナで取り込んだデータ(要するに多少曲がっていたり、汚れていたり、、、)ならありますよ。

匿名 さんのコメント...

取説INFOありがとうございます。
とりあえずいつも使っていたアンチョコのコマンド程度は記憶が戻りました!
でも、またいつ何時忘れてしまうかも?と恐れていますので、よろしければ戴けないかと・・・。
メール添付でお願いできますか?

musen#mail.goo.ne.jp

(#を@に置き換えください)

すみません、宜しくお願いします。

TRK